頭皮に合わないシャンプーは痒くなる

シャンプーがご自身の頭皮に合わないと、乾燥してかゆみが出てきたり、湿疹ができたり、ひどい場合だとただれてきたり、フケが気になり始めたり、逆に脂分が多くなり頭皮がべたべたしたり、などいろいろな症状が出てきます。

 

今まで長く使い続けてきたシャンプーでも、ご自身の免疫力が落ちてきたり、体質が変わったりすることで、合わなくなることもありますので、頭皮に異常を感じたら、シャンプーを変えることをおすすめします。

 

シャンプーが原因で発生する様々な症状は、放ったらかしにしておくと、更なる症状を引き起こします。

 

抜け毛や薄毛、白髪が増える、などの症状にも繋がっていきます。

 

頭皮のケアは顔や手のように乾燥しないように普段から保湿を心がけたり、ハリや艶を気にしたりすることは多くはありません。

 

髪の毛に隠れていて、目に見えにくい、ということがその原因ですが、頭皮も同じようにケアを行ってあげることが必要です。

 

頭皮が乾燥して痒くなり出したり、脂分が多くベタベタする原因はシャンプーの洗浄力が強すぎることが考えられます。

 

頭皮に必要な脂分を根こそぎ洗い流してしまい、適切な脂分の供給がされないので頭皮が乾燥してカサカサになってしまうのです。

 

その状態に頭皮が反応して、脂分を分泌し始め、その量が過多になるために、頭皮がベトベトとなるのです。

 

痒くなったりシャンプーがご自身に合わない場合は、今お使いのシャンプーを使うのは止めて、頭皮に優しい成分を配合したシャンプーに切り替えることをお勧めします。